糖尿病になってしまった場合には、以下のような方法で治療を行います。 ・食事療法 ・運動療法 ・薬物療法 食事療法とは、食生活を見直すことによって、糖尿病を改善する方法です。 栄養バランスやエネルギー量を考えた食事をすることで、症状を軽減させることができます。 食事療法は非常に重要な治療方法なので、糖尿病になった場合は必ず行うと思ってください。 運動療法では、適度な運動をすることによって、糖尿病を改善します。 適度な運動をすると、血糖値を安定させることができるでしょう。 運動は気が向いた時に行うのではなく、毎日続けることが大切になります。 そして、薬物療法は、薬を使用して血糖値の上昇を抑えるという方法です。 糖尿病の症状が初期段階であれば、食事療法と運動療法だけで十分改善することができますが、症状が重い場合は薬に頼るしかありません。 薬を飲むことで一時的に血糖値を下げることができるものの、飲まないと血糖値が上がってしまうので、薬と一生付き合っていくことになるでしょう。 また、副作用もあるため、できる限り飲まないようにしたいところです。